アルプス電気について

ABOUT US

OUR STORY

~子供達への支援を通じて、
野球界の発展へ~

未来のための事業を

野球をやりたくてもできない、続けたくても続けられない子供たちを支援することで、子供たちの成⾧や夢の実現、また野球界の発展に寄与するものと考えております。

アルプス電気で
次世代の野球人を支えたい

家庭環境や財政面の理由から野球を続けることを諦めた子供達がいます。
現に私がコーチとして携わった子供達にも、大学の野球部から声が掛かっても、生活費を稼ぐ為に専門学校を選び、バイトをして家にお金を入れる。 また、小学生や中学生をもつご家庭でも必要用具や遠征費などの費用を理由に野球を断念する。 このような選択をせざるを得ない子供達を目の当たりにしてきました。

私は廃部と怪我が重なり、野球のプレーを諦めましたが、今後は私が見てきた境遇の子供達に野球を続けられる環境を作りたいと考えました。
1人でも多くの子供達が思う存分野球の「楽しさ」「辛さ」「仲間との絆」を感じてもらいたいと思っています。

アルプス電気とは・・・

野球をする子供達を応援したい、支援したいという気持ちから甲子園のアルプススタンドをイメージし、アルプス電気と名付けました。
アルプス電気に加入して頂くと、月々の電気代の一部が寄付に充てられます。
毎年、NPO法人/一般財団法人を通じて公募を行い、選考基準に則り寄付対象者を選考させて頂きます。

何故電気なのか

やむを得ない理由で野球を諦めざるを得ない子供たちは毎年のように存在しております。
持続的なサポート体制を維持していく為に、誰もが日々利用するインフラ(電力)を活用し、実現したいと考えました。

OUR SUPPORTER

岡田真理写真
岡田 真理

NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)
代表理事

野球にまつわる社会貢献活動に共に取組んでいきませんか

私たちBLFは「野球を通じた社会貢献活動」を展開するNPO法人で、プロ野球選手とともに様々な支援活動を行っております。
この度、プロ野球選手がひとり親家庭の球児に新品の野球用具を寄贈する支援プロジェクト「DREAMBRIDGE」の立ち上げに際し、アルプス電気様にご支援いただくことになりました。
アルプス電気様の『一人でも多くの選手が上のステージを目指し、思う存分野球の「楽しさ」「辛さ」「仲間との絆」を感じてもらいたい』という思いと共鳴することができ、このご縁をとても有難く感じております。
アルプス電気様の今後のご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げるとともに、「DREAMBRIDGE」を通じて子どもたちに明るい未来を提供し、ともによりよい社会を目指していければ幸いです。

小森孝憲写真
小森 孝憲

元ヤクルトスワローズ 投手

一緒に野球選手の道筋に“光”を照らしませんか

皆さんこんにちは、元ヤクルトスワローズ投手の小森孝憲です。
この度アルプス電気事業に賛同させて頂き、野球が大好きな選手達を応援させて頂く為、メッセージを送らせて頂きます。
私はプロ野球選手としての実績はありませんが、子供の頃の“プロ野球選手になる”と言う夢は周りの応援や協力によって叶えられた物だと思っています。
野球人口が年々減少する中、野球が大好き・野球がやりたい!と思っている子供達は野球界にとって宝物です。
ぜひこの事業にご賛同頂き、大きな可能性を秘めた子供達の為に一緒になって支援の輪を広げませんか。
ご協力宜しくお願い致します。

木下 博之

アスリートキャリア支援委員会 代表
株式会社ナイスガイ・パートナーズ代表取締役
株式会社ネクストベース取締役

素晴らしいスポーツ「野球」を子供たちに!

私は野球を通じて、心技体、そして生涯の仲間を得ることが出来た幸せな男です。
兄貴の背中を追いかけ、そしてボールを追いかけ、もっと遠くへボールを飛ばしたいと来る日も来る日も大好きな野球に励んだ故郷・熊本での日々が原点。
小4で初めてユニホームを着た時のあの高揚感、小5の夏に初めてホームランをかっ飛ばした時のあの達成感。見逃し三振で終わった中3の深い後悔。仲間と本気で目指した甲子園。色んなことを学び、経験させてくれたのが野球でした。
そして今回、1人でも多くの子供たちにこの素晴らしいスポーツである野球を続けてもらう機会を増やしそれを支援したいと、私の友人が立ち上がりました。
その結晶である『アルプス電気』を応援しています。

小柳崇_フォト

発起人

小柳 崇(こやなぎ たかし)
出身地:新潟県新発田市

~1992年

小学5年生_地元新発田市のスポーツ少年団で野球を始める

1993年~1995年

新発田市立本丸中学校の野球部でプレー
新潟県大会優勝 北信越大会3位

1996年~1998年

私立新発田中央高校野球部でプレー
98年新潟県大会準優勝

1999年~2002年

東京農業大学生物産業学部でプレー
日本選手権ベスト16

2003年~2004年

JT(日本たばこ産業株式会社)野球部でプレー
JT野球部廃部とともに現役引退

2005年~

社業に専念(2020年現在も継続)

2007年~

山形県「鶴岡東高等学校野球部外部コーチ」に就任
その他現役引退後は母校を含め、多くの学生野球チームに携わる。

事業内容

事業概要
  • アルプス電気の販売促進(電気はリエゾンエナジー社より提供)
  • 電気料金の一部を、家庭や団体(少年野球チームなど)へ寄付
寄付先
  • 野球を始めたい/続けたい子を持つシングルマザー/シングルファザーのご家庭
  • 少年野球チーム/団体等
寄付先公募/選考
  • NPO法人/一般財団法人を通じて、寄付先を公募
  • 選考基準を設け、弊社とNPO法人/一般財団法人にて選考
主なご協力依頼先
  • 施設関係(高圧電力):
    地方球場など各スタジアム関係 高校/大学等、学校関係/企業系
  • 一般家庭(低圧電力):
    本事業に賛同して頂ける一般家庭

事業内容

  • 会社名
    株式会社キンクドテール
  • 設立
    2019年10月15日
  • 資本金
    650万円
  • 事業内容
    アルプス電気の販売促進
    ペットホテル、ペット終身預かり、ペットグッズ販売事業
    ※ペットの幸せを追求し、保護猫、殺処分の減少を願い、取組み